「テスト」。

目安時間3分

 

じっとチャートの動きを見ている。
ジリジリとチャートが動いてくる。
トレンドラインをブレイクしそうだ。
4時間足で見ても上昇トレンド。
このままブレイクすれば、きっとチャートは上がっていく。
ブレイクしたら買いで攻めるぞ・・・
よし!ブレイクした!買いだ!

 
・・・
おい!なんですぐに反転するんだよ!

まずい、チャートが下がっていく・・・

いや、4時間足は上昇トレンドだし・・・

きっと上がってくるはず・・・

もう少しだけ待ってみよう・・・

 
・・・
ダメだ、損切りしよう・・・

マイナス10%か・・・

はあ・・・

また今月もマイナスか?

才能ないのかな・・・
・・・
っというのは過去の私がやっていたことなのですが(笑
「これが俺の実力だ!」

と思って全力でトレードして、

その結果マイナスだったら凹みますよね。
ああ、自分には才能ないんだ・・・

そんな風に思って、ネガティブになってしまうこと、

あなたもあるのではないでしょうか??
そうすると自信がなくなって、

トレードに消極的になり・・・
利確も早くなるし、

そもそもトレード回数も少なくなる。
トレードだけにとどまらず、

日常でもネガティブな面が出てきてしまいます。

 
自信が持てない。

やる気が出ない。

消極的になる。

イライラして人に当たってしまう。
このように、負のスパイラルが起こってしまいます。

決して大げさではありません。
ですから、トレードする際に大切なのは、

負けにくい事、お金を無くさない事を意識しながら

「テスト」だと思うことです。
今やっているトレードはあくまで「テスト」。
勝率は高いのか?

優位性はあるのか?

月にどれくらいの利益が望めるのか?
それらをテストしている、と思うんです。
で、テストしてみて結果が悪ければ改善すればいいし、

結果が良ければさらに追及していけばいい。
そう思うと、多少気が楽になる(はず)。
私もこの考え方を取り入れることで、

だいぶ気が楽になりました。

 
絶対稼がなきゃ!と目を血走らせてトレードすると、

いざ損したときの精神的ダメージが大きいものです。
だから、テストだと思ってトレードすることが大切。

・・・っと私は思っています。
あなたはトレードに全力になりすぎていませんか?

1回損したら「才能ないのかな・・・」と思うことありませんか?

 
もしそうなら、今日お話ししたことを意識してみてくださいね。

   考え方 

この記事に関連する記事一覧

 最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ