刀鍛冶と料理とトレーダー

目安時間3分

よくトレードを刀鍛冶と料理に

例えるんですが、どういうことかと申しますと

 

刀鍛冶は1つの鉄の塊を何度も叩いて

一本の刀を作るわけですよね。

それは別に設計図だとか、何回目にここを

叩いて何回目には力を強めて・・

なんて決まっているわけではないですよね。

師から教わった事を何回も繰り返し練習して

感を養いようやく独り立ち出来るようになるのでしょう。

 

トレードもこれに似ています。

勝てる場所を知っている人から教わり

そこで何度も練習して勘を養い自分のものにする

こういった努力が必要です。

 

もう一つ料理の例えは

 

皆さん料理をするときはよくレシピを見て

作りますよね。

みんな同じ作り方をしているはずなのに

味はまちまち。

美味しく出来る場合もあればそうでない場合も

あります。

レシピを見て作り方がわかったからって

高級レストランと同じ味は出せるわけではありません。

 

「わかる」(理解する)と「出来る」(美味しい料理)

は違うんです。

 

トレードも全く一緒です。

本を読んでFXの知識をためても勝てるトレーダー

にはなれません。

また、トレードの手法や、ソフトを購入しただけでは

なかなか勝ち続けるまでにはなりません。

 

「わかる」(理解する)と「出来る」(トレードに勝つ)

は違うからです。

 

本当の勝ち方は本には書いてありません。

何年もかけて研究と練習を重ねていつの間にか

養われるものです。

 

ですから一番の早道は信頼できる勝ち方を知っている

トレーダーから正しく勝ち方を教わり、

練習を積み重ねる事です。

 

でも、考えてみれば先ほどの料理の例えのように

主婦の方は毎日家族に同じ味で料理を作っておられる

わけですね。別に計量器で計るわけでもなく、

さじ加減が自然と身についているわけです。

 

すごいですね。

 

刀鍛冶にはなれなても料理だったら出来るかも・・

 

もしかしたら、毎日料理を作っている方々

ものすごいトレード能力を秘めているかもしれなですよ。

   基本 

この記事に関連する記事一覧

 最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ