聞くは一時の恥、聞かぬは一生の損

目安時間4分

ついついやってしまう失敗・・・
そして恐ろしくもある失敗・・・

それは、
「なぜか自己流になってしまう」
というものです。

書籍や教材でノウハウをたくさん学んだ。
頭では、だいたいどのようにすれば稼げるのかは分かっている。
トレードのテクニックも一応知っている。

が、しかし。

ノウハウ通りにすることが、どれほど難しいことか。
あなたはそのように思ったことありませんか?

やっている時は、
自分は「正しくやっている」と思うものです。

しかしはたから見れば、
まったく的外れなことをしている・・・

というのはよくあることなのです。

「自分はノウハウ通りにやっている」
・・・と、思い込んでいる状態は非常に危険です。

なぜなら、それではいつまでたっても成功できないからです。

自分が的外れなことをしていると気づけないわけですから、
当然、稼げるようにはなりません。

そうならないためにも、
人に見てもらうってことが大切なのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分よりも実力がある人に、
自分がやっていることを見てもらう。

そうすることで、はじめて

「あ、自分は全然できていなかったんだ」

と自覚できるものです。

独学でやっている人の多くが成功できないのは、
こういうことなんだと思います。

正しい道に、修正してくれる人がいない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分一人では、正しい方向に進んでいるのか分からない。

にもかかわらずそのまま突き進み過ぎて、
損してしまっている人は多いです。

なので、人に見てもらうこと。
それが本当に大事だと感じています。

人に見てもらうことは、時に苦しさを伴います。

・自分は全くできていない
・自分は間違っている
・自分は成功していない

そのような現実を目の当たりにするわけなので。
恥ずかしいという感情が湧くかもしれません。

でも、そこで心が折れてはいけません。

「おれはダメだ・・・」

と諦めたら一生稼げないトレーダーになってしまいます。

自分は間違っている、と気づくことは非常に大切です。
それに気づくだけでも、成功の道に一歩進んでいるわけなので。

間違っていることに気づけば、
じゃあどう改善していけばいいか?
それがはっきりとわかってきます。

だから、自分がやっていることを人に見てもらうこと。
何度も言っていますが、ものすごく大切です。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」

そんなことわざがありますが、まさにソレ。

FXで言えば
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の損」
じゃないかなと。

自分が間違っているのは、恥ずかしく感じるかもしれません。
しかし、恥ずかしいと感じるのは一瞬です。

それよりも、聞かずに一生間違いに気づかないことの方が怖いです。

あなたはどうですか?
自分一人だけで突っ走っていませんか?

独学でやっていて「これでいいのかなあ・・・?」
と不安になることがあったら、誰かに聞きましょう。

知り合いのトレーダーがいればその人でもよいですし、
僕にメールを送ってもらっても構いません。

ぜひ、自分のトレードを人に見てもらってくださいね。
それが稼ぐためのポイントですから。

   ブログ 

この記事に関連する記事一覧

 最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ