分析マヒになってませんか?

目安時間5分

勉強熱心ほど上手くいかない罠にはまってしまう。

分析マヒ、という症状があります。

というのも、以前読者から

「自分なりには本もたくさん読み、教材も買い、

めちゃくちゃ勉強しているはずなんですが勝てないんです」

というメールをもらったから。

努力する=稼げる、とは限りません。

努力の方向性が間違っていたら一向に稼げないのです。

南方向に新大陸があるのに、

東につきすすんでいたってたどり着けませんよね?

どれだけ努力するかももちろん大切ですが、

努力の方向性を都度確認することも大切なんです。

で、分析マヒに話を戻すと。

なんでも頭の良い人ほど陥ってしまう罠があるそうで。

それを「アナリシス・パラリシス」と言うらしいです。

たとえば、営業マン。

売上を上げたいと思っている営業マンは、

色々な営業本を読んで勉強・分析します。

時には成績の良い上司に教えてもらったり、

営業スキルアップセミナーに参加したリして、

スキルを磨こうとしますよね。

で、学んだことをあれこれと考えるわけです。

(最初のつかみはどうしようかな。。。)

(お客様になめられたらセールスできないから、

しっかりした身のこなしをしなきゃな。。。)

(商品をどう説明したら魅力が伝わるかな。。。)

勉強熱心な人は、もっともっと考えます。

(もっと良いセールステクニックを学ばないとな。。。)

(あの本、この本も読んでスキルを身に付けないとな。。。)

(この前のセールスは上手く行ったから、次もそうしようか。。。)

などなど、真剣に考えるわけですね。

でも、勉強熱心だからこそ、

次のような事も考えてしまうんです。

(もっと別の良い方法を探さないと。。。)

(あれ、この本とあの本じゃ言っていることが違う。。。)

(たくさん学んだけど・・・結局、自分はどうすればいいんだ??)

みたいな感じで、勉強や分析をしすぎて、

前に進めなくなってしまうことがあるんですね。

あなたはそんな経験ありませんか??

この症状がアナリシス・パラリシス。

分析マヒという意味で、

分析にはまって前に進めない症状というか状況のことです。

あれこれと考えすぎてしまう。

何が正解なのか分からなくなってしまう。

結果、いつまでたっても前に進めないので、

成果が全然現れないんですね。

勉強すればするほど、知識を頭に入れれば入れるほど

良くなっていくと思ってしまいがちですが・・・

ある一定量の情報量を越えると、

問題の解決策にたどり着く確率が逆に下がってしまう、

ということがあるみたいです。

ある程度までの情報を集めることは役に立つけど、

それを越えると逆効果になってしまうということですね。

これって、FXにも言えることで。

FXで稼ごう、勝とうと必死になって、

勉強熱心になる人は多いです。

だから、本を読むし、雑誌も読むし、

ネットでFXの情報を集めたりするんです。

でも、情報を集めるだけで、

実践が伴っていない人がいるのも事実です。

だから、ある程度情報を集めたら実践に移っていくことが大事。

勉強熱心も行きすぎると、逆に自滅してしまうだけなので。

あなたはどうでしょうか??

アナリシス・パラリシスに陥っていませんか??

もし情報を集めるだけで行動に移せていないのなら、

まずは情報を集めることをいったんストップしましょう。

そして、集めた情報を実践してみる。

これを意識してみていってください。

100の知識より1の行動、なんて言われるように、

実践しなければ稼げるものも稼げませんからね。

最初は損してもかまわない、

授業料だと思ってやっていきましょう。

1度も実践せずに損を出さないことよりも、

1度実践して損を出すことの方が、よほど価値がありますから。

   ブログ 

この記事に関連する記事一覧

 最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ