トレードは人の心を動かす要因を知る事で勝てる

目安時間4分

投資はまさに人の心そのもの。

つまり、人の心の流れを理解することは、

投資の流れを理解することにもつながるのです。

 

結局、相場が上がるか下がるかというのは、

■上がると思う人が多ければ上がり

■下がると思う人がおおけば下がる

というシンプルな原理です。

チャートの動きや各オシレーターが導き出した数値、

また経済情報や主要企業の経営戦略など。

相場の動きを作る要因となるものはたくさんありますが、

それらも言い換えてしまえば、

人の心を動かす要因
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんです。

だから、人の動きを知る。

人がどのようなものに反応し、

そしてどのように対応していくのか。

その心理を追求することは、

投資においてもものすごく重要だと考えています。

過去の私もそうでしたが、

どうしても初心者のころはテクニックだとか

表面的なものに意識が向いてしまいがちです。

5分足を見た方がいいのか、

15分足を見た方がいいのか。

ボリンジャーバンドを使った方がいいのか、

他のオシレーターを使った方がいいのか。

でも、そのようなことを追求しても

なかなか稼げるようになりませんでした。

やはりテクニックや表面的な事だけに意識を向けるのは

成果を上げていく上で必須条件ではないな、と思います。

それよりも大切な事。

やはり、人の心理を読み解くことだと感じています。

なので、もしあなたが

「損切りラインはどうしたらいいだろう」

「どのテクニックを使えばいいだろう」

「どのオシレーターを活用すればいいだろう」

というように表面的な事でつまづいているとしたら、

まずは“人の心の動きを知る”ことを意識してみてください。

これは普段の日常から訓練できることです。

お店の売れ筋商品を見たら、

なぜその商品が売れているのか?

その商品を買っている人は、

どんな気持ちで買ったのか?

それを考えるんです。

推測で構いませんが、真剣にやってください。

話題のニュースを見たら、

このニュースを見た人は

どんな気持ちになるだろうかと考える。

あなたが何か衝動買いしてしまったら、

なぜ自分は衝動買いしてしまったのかを考える。

人は何に喜び、何に怒り、何に哀しみ、何を楽しむのか。

相手の気持ちになって考える。

そのように、人はどう考えているのか?

人は何に反応して動いているのか?

それを毎日意識していきましょう。

案外楽しくできると思います。

毎日積み重ねていくことで、

相場の流れがある程度読めるようになってくるはずです。

まあ、もちろん表面的なテクニックや知識を

身につけることも大事ですよ。

ただ、それらテクニックや知識は、

“人の心の動きを知る”ということができて

初めて効果を発揮するものです。

   ブログ 

この記事に関連する記事一覧

 最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ