トレードは一人じゃない

目安時間2分

チャートの後ろには人間がいる

チャートを動かしているのは何でしょうか?

 

機械ではありません。そうです、人間です。

一人一人の投資家です。

 

売る人がいればその裏には必ず買う人がいるということです。

 

ですから値動きは上がり下がりを繰り返します。

 

その心理をとらえれてトレードをすれば勝てるようになります。

 

例えば大きく下がればいい値ごろ感で買う人がいます。

下がっているときに買いをいれるので勇気がいりますよね。

こんなところはほとんどの人が判断付きせんよね。

 

そして何日か上がると「上がりそうだ」と飛びつくと

勝った人が利益確定してくるのでまた下がります。

 

しかし前の安値を割らずにまた買いが入ると今度はさっきの

高値を超えるとまた買いが入ってしばらく上がります。

 

ここで飛びついても早めに買った人がまた利益確定を

してくるのでまた下がります。

 

しかし再度前の安値を割らずに買いが入ると

また上がります。

 

この辺を狙うのがいいですね。

 

おおむね値動きはこのような形で動いております。

 

チャートをよく見てみましょう。

   ブログ 

この記事に関連する記事一覧

 最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ